MENU

冬でも快適にゴルフが出来る防寒対策

ゴルフはしていても体温が上がらない競技です。その上、仲間が打っている時間やボールを探している時間、そして移動している時間と、プレーしてる時間よりも待っている時間のほうが長いスポーツですので、冬にやると寒くて仕方がないスポーツなのです。しかし、その結果的に冬にはゴルフ場利用客が少なくなるので、存分に楽しむことができます。その魅力を最大限に生かすための防寒対策を紹介します。
しかし、クラブをスイングするときに邪魔になるので、何枚も着こんでプレイすることはできません。そんな時に市場大切な防寒着はインナーです。ヒートテックの上下があると温かくていいでしょう。そして、スイングに必要な腰回りの筋肉を冷やして固くしてしまわないために、腹巻などがあると便利です。プロもそのような対策をしているようです。また、使い捨ての貼れるタイプのカイロを背中とお腹に貼るとぽかぽかとして温かくプレイすることができます。それに加えて、ゴルフらしさを演出してくれるポロシャツと、ズボンをいつも通りはいて、ウィンドブレイカーを着てからダウンジャケットを着こむと温かさは十分でしょう。スイングの時には邪魔になるのでダウンジャケットは脱ぐことが多いようです。また、レッグウォーマーなども防寒対策には欠かせないアイテムだそうです。足が寒くなると土台が確立しないままで、スイングがくるってしまうので、レッグウォーマーで足を温めるのは非常に大事なようです。レッグウォーマーと同様に、ネックウォーマーをも持っているといいでしょう。待っているときには本当に寒いので、ネックウォーマーなどの防寒具がないと風邪をひいてしまう、というようなこともあるので、体調管理のためにもそのような対策は必要になります。
もちろん、それだけでは不十分で、ストレッチなどをして十分に体を温めておくことが何よりも大事です。体が冷えたままの状態では筋肉が硬直してしまうので、プレイがうまくいかないだけではなく、ケガにもつながるので、しっかりとストレッチをすることは重要です。

このページの先頭へ