MENU

ゴルフで良くきくヤードってどれくらい?長さと距離の単位を簡単に変換する方法

紳士のスポーツと言われているゴルフですが、そのTV中継においてはアメリカで常用されている長さと距離を表すヤードという私達にとって聞きなれない単位がよく使われている物となっています。
実はゴルフではこのヤードとメートル法を使い分ける事によって長さと距離を表す物となっているのですが、ではこの単位は一体どれくらいの距離を表す物となっているのでしょうか?
そこで今回はこのヤードの長さと距離の単位を簡単に変換する方法とこれが使われている背景事情を説明していきたいと思います。
まずはヤードという単位の変換ですが、これは1ヤードが91.44cmの長さと世界基準で定められているのです。
しかしゴルフにおいてはコースの距離が非常に長い物となっていますので、距離を算出する際には1ヤードは前述の91.44cmではなく約0.9mであると覚えておけば非常に分かりやすい物となります。
この様に上述した変換方法を知ればゴルフに関する長さと距離の数値は非常に簡単に出せる物となっているのですが、では何故この私達にとって聞きなれない単位がゴルフで使われているのかというと、これにはこの競技が生まれたイギリスやアメリカ等で距離及び重さの単位の基準としてメートルやグラムではなくヤード・ポンド法と呼ばれる単位系を主流としていた時代があった事の名残という背景事情がある物となっているのです。
もちろん現在においてはどちらの国もメートルとグラムが採用されており、アメリカに到ってはメートルの使用が法律によって定められているメートル法条約の加入国ともなっています。
しかし上述した様に現実的にはアメリカで常用されているのはメートルではなくヤードとなっていて、これはアメリカの市場においても容認されている物ともなっているのです。
この理由となるのが余りにもアメリカという国において浸透し過ぎた物である為なのですが、実はゴルフにおける単位事情もこれと同様にゴルフというスポーツにおいて余りにも浸透し過ぎた物である為に未だに使われているという事情がある物となっています。

このページの先頭へ