MENU

飛距離を効率良く伸ばすには柔軟性が大事

ゴルフの飛距離はスイングのやり方とクラブを変えただけではなかなか伸びません。
やはり飛距離を伸ばす為のトレーニングをしっかりして、年齢による衰えを感じさせない筋肉を身につける事が大事です。
プロゴルファーも実践しているというトレーニング方法は多々ありますがその中でも特に効率良い方法とされているの身体を柔らかくする、柔軟性を高める方法です。
50代前後の男性は特に身体の柔軟性というのが衰えやすく、飛距離もこの身体の柔軟性がしっかりしていない事で伸びにくくなっていたりします。
なので、1日1回でもストレッチをして体を柔らかくさせるのが飛距離を効率良く伸ばすのに重要です。
具体的には、ゴルフクラブを持ちながら身体をゆっくりと回転させて行くやり方です。
ゴルフクラブを肩で担ぐように首の後ろで持ち、大きく身体を回して行きます。
アドレスからバックスイングに行くように回して行くのです。
肩をグンと大きく回転させる事で肩の筋肉が柔らかくなり、プレイ時の飛距離の伸びも良くなります。
行う時はラジオ体操などと同じく呼吸をゆっくりしながら、無理のないように行います。
肩は外れやすいですし、年齢が高めの方は特に無理な事をすると痛めやすいです。
なので痛くならない範囲で行いましょう。
肩だけでなく、飛距離を伸ばす大きなスイングには腰周りのストレッチも重要です。
具体的な方法は、ゴルフクラブを両手に持ち背筋を伸ばしてそのまま右や左に、交互に横倒しするように身体を曲げる方法です。
そうすると腰を動かす筋肉も柔らかくなり、スイングも意図しなくても大きくなります。
もちろんこちらも痛くならないようにゆっくりと、そして自分のペースで行うのが大切です。

このストレッチには、使うゴルフクラブも重要な要素です。
自分が持っている中で1番重たいゴルフクラブを背負い、それをストレッチの時に活用するのが効果的です。
重いゴルフクラブは持っているだけでも肩や腕のストレッチになります。
他にも、ヘッドスピードを上げる方法というのもあります。
ヘッドスピードが上がるともちろん飛距離もそれに伴い伸びます。
その方法はやはり手や腕を鍛える事です。
特に握力はクラブを持ち振る力を高め、スピードを出しやすくするので必要です。
具体的には、小さくて柔らかいボールなどを手に持ち素早く握っては離してと繰り返すトレーニングです。
素早さはもちろんですが、かなり握力も上がります。
このようなトレーニングを継続的に行う事で、年齢が高くなってきても若い頃のように飛距離が伸びたり、安定した飛距離を出し続けられるようになったりします。

 

ゴルフ ドライバー ランキングで、自分に合ったゴルフクラブを手に入れることも重要です。

ゴルフ飛距離アップトレーニング記事一覧

長年ゴルフをやり続けて身体能力も抜群だったとしても年齢を重ねるごとに筋力と体の柔軟性が若い時に比べて衰えてきてしまいます。そのためゴルフのスイングにも影響してしまうので飛距離が落ちてきてしまいます。飛距離が落ちてきてしまうとゴルフをやっていても楽しくなくなってしまうのでそれなりの体作りはしていかなければいけません。それに衰えてしまった箇所は自分自身でしっかり受け入れて再びトレーニングをして体を作っ...

ゴルフの飛距離が出る人でも50歳以上になってくると加齢が進んできて筋力なども低下してしまい飛距離が落ちてしまうという事も少なくありません。ゴルフをするのに飛距離が落ちてしまうと致命的な部分もあるのでスコアも伸びなくなってゴルフをするのも楽しくなくなってきてしまいます。また無理に飛距離を伸ばそうとしてドライバーやアイアンでスイングする時に変な癖が身に付いてしまってさらに飛距離が出なくなってしまうとい...

このページの先頭へ