MENU

ゴルフの飛距離の低下はメンタル面も影響している

ゴルフの飛距離が出る人でも50歳以上になってくると加齢が進んできて筋力なども低下してしまい飛距離が落ちてしまうという事も少なくありません。ゴルフをするのに飛距離が落ちてしまうと致命的な部分もあるのでスコアも伸びなくなってゴルフをするのも楽しくなくなってきてしまいます。また無理に飛距離を伸ばそうとしてドライバーやアイアンでスイングする時に変な癖が身に付いてしまってさらに飛距離が出なくなってしまうという悪循環に陥ってしまう事もあります。そのため飛距離が落ちてきたら一度冷静になって原因を分析してみましょう。

 

50歳以上になると筋力の衰えや体の柔軟性がなくなってきたりするので飛距離が落ちてくるというのはありますが、飛距離が落ちてきたと考え過ぎてしまっているのも原因となっている可能性があります。飛距離が落ちてきたと考え過ぎてしまうとドライバーでスイングする時も最初から飛距離が出ないと決めつけてしまう事が多いです。飛距離が出ないと決めつけてしまうと自信を失っている事にもなるので力強いスイングも出来なくなります。このように飛距離が落ちてきたのは筋力の低下だけではなくメンタル面も大きな影響を与えているのです。

 

50歳以上で飛距離が落ちてきてしまった場合はネガティブに考えないで50歳以上になったら飛距離が落ちてくるのは仕方がないと開き直るぐらいに考えるようにしましょう。飛距離が落ちてきたのを仕方がないと開き直るぐらいに考える事が出来れば筋力は衰えても自信を失う事はありません。そのため自信を持ってスイングする事が出来るので飛距離が少し出てくるという可能性もあります。

 

50歳以上になって飛距離が落ちてきた原因は筋力の低下などもありますが、メンタル面でも大きく影響しています。特にゴルフのスイングをする時は集中しなければいけないので余計な事を考えてしまうとしっかりとしたスイングが出来なくなります。そのため飛距離が落ちてきても自信だけは失わずスイング時に変な癖が身に付けないようにする事も大切になってきます。

 

ゴルフの自信をしっかり持っていれば良いスイングのイメージというのは必ず残っています。そのため飛距離が出ないという結果だけにこだわらないでしっかりしたスイングを心掛けるようにするといいでしょう。また筋力の低下は再びトレーニングをすれば元の筋力に戻す事も出来るのでゴルフの飛距離を再び出すにはメンタル面を整える事も忘れないようにしましょう。

 

http://www.golfandlife.ch/

関連ページ

ゴルフに必要な筋力を強化するトレーニング方法と体の柔軟性を高める方法
長年ゴルフをやり続けて身体能力も抜群だったとしても年齢を重ねるごとに筋力と体の柔軟性が若い時に比べて衰えてきてしまいます。そのためゴルフのスイングにも影響してしまうので飛距離が落ちてきてしまいます。飛距離が落ちてきてしまうとゴルフをやっていても楽しくなくなってしまうのでそれなりの体作りはしていかなければいけません。それに衰えてしまった箇所は自分自身でしっかり受け入れて再びトレーニングをして体を作っていきましょう。
このページの先頭へ