ゴルフ トレーニング

長年ゴルフをやり続けて身体能力も抜群だったとしても年齢を重ねるごとに筋力と体の柔軟性が若い時に比べて衰えてきてしまいます。そのためゴルフのスイングにも影響してしまうので飛距離が落ちてきてしまいます。飛距離が落ちてきてしまうとゴルフをやっていても楽しくなくなってしまうのでそれなりの体作りはしていかなければいけません。それに衰えてしまった箇所は自分自身でしっかり受け入れて再びトレーニングをして体を作っていきましょう。
MENU

ゴルフに必要な筋力を強化するトレーニング方法と体の柔軟性を高める方法

長年ゴルフをやり続けて身体能力も抜群だったとしても年齢を重ねるごとに筋力と体の柔軟性が若い時に比べて衰えてきてしまいます。そのためゴルフのスイングにも影響してしまうので飛距離が落ちてきてしまいます。飛距離が落ちてきてしまうとゴルフをやっていても楽しくなくなってしまうのでそれなりの体作りはしていかなければいけません。それに衰えてしまった箇所は自分自身でしっかり受け入れて再びトレーニングをして体を作っていきましょう。

 

ゴルフの飛距離を伸ばすにはスイングが重要です。ゴルフの飛距離を上げていくにはヘッドスピードを上げてゴルフボールを遠くに飛ばす事が大切になってきます。そのため必要な筋肉と言えば大胸筋、腹筋、大でん筋、大腿四頭筋です。これらの筋肉は自宅の部屋の中でも鍛える事が出来るので日常的にトレーニングしていく事が出来ます。腕立て伏せ、腹筋、スクワットをしていけば大胸筋、腹筋、大でん筋、大腿四頭筋を鍛える事が出来ます。毎日20回3セットずつから初めてみて体が慣れてきたら回数を上げていくといいでしょう。

 

自宅の部屋の中で腕立て伏せ、腹筋、スクワットをしてトレーニングした後は筋肉に乳酸が溜まっているのでクールダウンをする必要があります。そのため自宅周辺を30分〜1時間ほど散歩するといいでしょう。また散歩すると下半身が自然と鍛えられるので大でん筋や大腿四頭筋の強化にも繋がっていきます。

 

筋力の低下とともに衰えてきてしまうのが体の柔軟性です。体の柔軟性がなくなってしまうとゴルフのスイングの時に腰をひねる動作があるのでその時にひねりが出来なくなってしまいます。

 

そのため安定したスイングが出来なくなって飛距離が落ちてしまいます。また体に柔軟性がなくなってしまうと怪我としやすい状態になってしまいます。特にドライバーでのスイングの時は余計に力が入るので体が固いと肉離れを起こしてしまう可能性もあります。体の柔軟性を高めておけばゴルフの飛距離が伸びる他に怪我をしにくい体を作る事も出来るのですごく重要なのです。

 

体の柔軟性を高めるにはまずストレッチをする習慣をつける事でしょう。ストレッチをするタイミングは体が温まっている入浴後にするといいでしょう。全身をストレッチした方がいいのですが特に腰をひねる時の柔軟性を高めておくとゴルフのスイングも安定してくるでしょう。

 

また筋肉が張っている状態でも体が固くなってしまうので定期的にリラクゼーションサロンなどでマッサージを受けて全身の筋肉をほぐしてもらうとより体の柔軟性は高まってくるでしょう。

 

高反発 ゴルフドライバーもお勧めです。

このページの先頭へ